憧れのマイホーム新築一戸建てを購入しよう~ただいマイホーム~

上昇傾向の戸建て

都市部と郊外での違い

今東京を中心に都市部では大規模タワーマンションの建設が多く行われています。人口が密集している都市部では一戸建てを建てるのに十分な土地がないからです。また東京では2020年のオリンピック開催をうけて地価が高騰しており、簡単に土地を購入できる値段ではないのが現実です。一方郊外では十分に土地もあり、地価も都市部に比べれば低く押さえられている為、一戸建ての購入には最適な条件が揃っています。都市部で一戸建てを購入するにはハードルが高い人でも、郊外であれば購入できるケースが多いのです。以上の事から、今後は郊外での一戸建て販売は上昇傾向にあると言えるでしょう。

デフレ脱却は一戸建て購入の追い風となるのか

郊外での一戸建て購入は今後伸びると上述しましたが、必ずしもそうであると断言はできません。都市部に比べれば購入しやすいかもしれませんが、一戸建ての購入には慎重になる必要があるのです。その理由は冒頭でも記載したデフレ脱却にあります。デフレ脱却という事は言い換えれば物価が上がるという事を意味します。物価の上昇と比例して収入も増えるのであれば問題ありませんが、現実はどうでしょうか。円安が進む中事は輸出を主とする企業にとっては大きなダメージです。ダメージを受けた企業が賃上げをする事はできない為、物価は上昇するが収入は増えないといった状況になるのです。いくら一戸建てを購入したくとも、物件価格は上がる中で収入が増えない以上は、購入を思い留まる人も多いでしょう。郊外の一戸建てが購入しやすい反面、購入できる所得を得る環境が整っていない事は、今後の懸念事項ではないかと思います。